村上春樹とボイス

NatureVoice声の学校®️は、私が開発を進めている、発声をツールに潜在意識を引き出し、眠っているクリエーション能力を開花させていく学校です。
まだまだ一般的にはわかりにくい世界かもしれませんが、世界の村上春樹がそれを美しい言葉で表しています。
スタッフのひとみちゃんがレッスンを受けてくださった日、たまたまその直後施術にいらっしゃった七沖さんから、出来立てホヤホヤの「情報断食」を受け取り、早速読ませていただくと、その日のボイスレッスンで受け取った感覚と全く同じことが、本の中に春樹の言葉として書かれていた。
その何重にも重なり合うシンクロに、感激したひとみちゃんからのメッセージ。
「なぜ村上春樹は世界で読まれるのか?」というコラムが最後に来るの、
ビックリ!
更に読んでビックリだったのが、今日おーちゃんがあたしに言ってくれたことと、ほぼ同じ感じのことを春樹が言っている。
「それはボイスの問題だ。自我レベル、地上石木レベルのボイスの呼応というのは、だいたいにおいて浅いものです
でも一旦地下に潜ってまた出てきたものっていうのは、一見同じように見えても倍音の深さが違うんです。
一回無意識の層をググらせて出てきたマテリアルは、前と違うものになっている。」と。
その春樹の事を、七沖さんが取り上げたコラムなの。
今日おーちゃんが、テンションの低い海の底に行った言葉 みたいに言ってくれた時、違う領域から涙がわいてきたの。
だからボイスの時も浄化の泣きにいることより、開いてる領域が垣間見えて、泣きは終わりだって感じでさ、
全部セッションを受け取り、七沖さんの本で更に化学反応ですよ!
エキサイティング中です。(笑)
ありがとうございました。
⭐️⭐️春樹も言っている、この潜在意識をくぐらせた声を自分のものにした時、世界は180度変わります。
これは、頭の学習ではなく、体感です。
💖💖💖 1月のグループレッスン
12日火曜日、20日水曜日、22日金曜日、いずれも10時から。
詳しくはコメント欄のホームページをご覧ください。