魂とのセッション


スピリットの仕組みへの理解は深まっていく
それは私も生徒さん達も同じ。
何千年にもわたって抑圧されてきた人の心。
その結果が、今の世界を作っている。
中でも日本は幸福度がワーストoneだとか。
自ら命を断つ人が後を絶たない。それはコロナだろうがコロナでなかろうが同じなのだと思う。
授業中、生徒さん達に投げかけてみた。
「この世に本当に叶わないもの、我慢しなきゃいけないものってあるのかな?」
簡単に「そんなのあるわけない!」なんて言えないよね。大切なものが外側にある場合も多いからね。
響きを通して自問自答する魂たちのメッセージをシェアします。

Mさん「おーちゃん、今鉢の整理しながら苔さんとおしゃべりTimeしてました!
本当に小さくてかわいい😋
仕組みへの理解が深まっていくと本当に面白いですね
今日も、朝から一人ボイス!
叶わない事ってあるのかな?
できない事ってあるのかな?
我慢しなきゃいけないことってあるのかな?
制限しなきゃいけないことってあるのかな?
などなど、聞いてます〜!
深く深く繋がっていきます」

Aさん「おーちゃん!今日のボイスは大興奮でした!声の振動で頭蓋骨を震わせる、それが自分のトリートメントになっているという実感があり、夢中でいろんな声と振動を試していました。
声の持つちからを新たに知ることができた興奮と、自分を癒す方法を新たに知ることができた喜びとを持ち帰りました。
でも、声のトリートメント効果に気づいたのは終わる5分前くらいなんですよ。
実はその前まで、叶えたいもの、叶えられないもの、というテーマを与えられたときに、あまりに救いのないビジョンが浮かんできてしまったので、どーすりゃいいのよ…とちょっと途方にくれた気持ちで声を出していたのです。
するとその後、どーすりゃいいのよ、の答えの一つであるかのように、声によるトリートメント効果に気づいてしまった、という流れでした。
気づいてしまったというか、魂さんが教えてくれたというか。この、魂さんとの交信が、ボイスの醍醐味だよねえ。
毎月毎月、ボイスを通して魂さんは私に贈り物をくれるので、茅ヶ崎からの帰り道はいつも多幸感に包まれています。
ボイスで起こったことを文章にしたの初めてだけど、やっぱり自分以外には意味不明かなぁ?うまく説明できなくて歯がゆいです。でも、事実として実感しています。
ありがとう、いつもいつも。
わたしにできること、考えていきたいです。今日、私は拾う人なのだと気づきました。人の悲しみを拾ってしまう。私が望もうと望むまいと。そんな私にできること、考えていきたいです。」

NatureVoiceは、響と言う振動を通して、自分が自分の魂からのメッセージを受け取っていく学校です。

— Facebookの投稿より —